半纏と法被の違い!

半纏と法被

「法被」
(武家の使用人が着用)・・・衿を折り返して着る。
                  胸に紐が付く。


「印半纏」

(職人が着用)・・・衿を折り返さない。
紐が付かない。







  半纏とは庶民の仕事着、作業着として使用されていたそうです。
庶民から生まれた半纏にはさまざまな形があります。 
現代で言う半纏とはその中の『印半纏』がルーツだと言われています。

『印半纏』の特徴は、襟・背・腰回りなどに
屋号・氏名などの印を染め抜いた腰丈のものをいい、
主に木綿製。 

江戸後期から職人の間で流行し、
雇主も使用人や出入りの者に率先して
支給し着用させていたと言われて言われています。

胸紐がないので、手拭いを帯代わりに結んぶスタイルが定着。
『祭半纏』に今もその着こなしに残っています。


絆纏は半纏・半天と書く場合もあるが、
もとは労動着でユニフォームのようなもの。
絆(きずな)を纏める(まとめる)と言う意味で、
強い精神的結束を表現するため
背中と襟に集団の名前や代紋を染め抜いている。
     
     
法被とは
普段から神社に奉仕する氏子が
精進潔斎した気持ちを表す白衣(基本)で、
神社の紋や名前が染められる。
更に襟前に紐が付いているのが大きな違い。

神輿を担ぐ人が着るものではなく、むしろ担ぎ手の世話をしたり、
神社側の代理人的立場の人のみが着られる清廉な装束。
氏子だからと言って誰でも袖を通せるものではない



どちらも、「背縫い」のあるものが正式で、
「プリント」や「背縫い無し」のものは論外と
言う人も多いようである。













半纏の種類


半纏そのものは庶民の仕事着、実用着として生まれたものですから、いろんな種類 があります。

防寒用としてよく知られている綿入れ半纏、ねんねこ半纏。袖のない亀の子半纏 から長半纏、皮半纏、袖無し半纏、刺子半纏、さらには変わり半纏、趣味半纏、 蝙蝠半纏など、さまざまなものがあります。

何と言っても藍染めが主体の印半纏です。

では、法被(はっぴ)と半纏とは、どこがどう違うかということになるわけですが、形の上からは、

 法被・・・・丈長く、脇あき、広裾、袖長く、胸紐あり、襟を反してして着る。

 伴纏・・・・丈短く、袖短く、袖口小さく、脇に襠がなく、胸紐なく、襟を反して着ない。

ということになりますが、「上方の法被、江戸の半纏」ともいわれるように、法被の方が早く、半纏の方が後に出来たもののようです。


◇印半纏(しるしばんてん)

襟・背・腰回りなどに屋号・氏名などの印を染め抜いた腰丈の半纏。
主に木綿製。江戸後期から職人の間で用い、また、雇主が使用人や出入りの者 に支給して着用させる。
胸紐がないので、手拭いを帯代わりに結んだりする。 法被(はっぴ)。

▽半纏・袢纏・半天・伴天(はんてん)
(1) 羽織に似た丈の短い和服の上着。多くは腰丈(尻を覆う長さ)。
  胸紐や襠(まち/脇に足した布)がなく、襟も折り返さない。
  綿入り、ねんねこなど。 (2) 「印半纏」の略。

▽刺子半纏(さしこばんてん)
火消しが着用した、刺子で作った半纏。 現代でも消防団員が着用する。
印半纏より厚地で丈夫。袖は筒袖、裾は腰を覆う長さ。 背中に所属団体を示す 模様や文字などが入る。
「刺子」は木綿の布を重ね合わせて、一面に細かく 刺縫いをして丈夫にしたもの。


法被と印半纏は別物という意見もあります。 「法被」の(1)と(2)を別物として考えると、
◇法被(武家の使用人が着用)…衿を折り返して着る。胸に紐が付く。
◇印半纏(職人が着用)…衿を折り返さない。紐が付かない。 と、違いがあります。
実際のところ、「法被」(1)は現代ではほぼ考えなくてもいいと思います。



半纏とは


法被は武家社会で生まれ、伝えられてきたもので、民間で庶民の作業着 として発達してきた伴纏とは、明らかに違うものです。

この襟を折るとか反す法被は羽織と同じで江戸時代、庶民は羽織、法被 を着る事を許されなかったのです。

だから、伴纏の特徴は襟を折らないところにあって、襟を反す法被とはこの 点ではっきりと区別されます。

現在は法被と伴纏は混同されて呼ばれていますが、本来は「祭り法被」 ではなく、「祭り伴纏」が正しいのです。

伴纏は本来仕事着だから、圧倒的 に木綿が主で、おおむね天然染料の藍草の藍染めでした。

そして江戸町火消し伴纏や祭り伴纏のように印伴纏として襟や背や腰に 印を入れて組とか集団で同じデザインのものを身にまとうことによって実用的 なものからかっこいいというか一種の精神性、誇りを強くもつように発展して いくのです。

現在でも伴纏といえば狭い意味では印伴纏を指しています。

ですから、 印伴纏を着るというのは、自分たちだけが着る事を許されているという誇り、 晴れやかさとなり、その組に属しているという絆にもなっていくのです。

そのような誇らしい「心意気」という気持ちがあったればこそ、印伴纏は、 「粋なもの」「いなせなもの」とされているのです。

そして心意気の象徴として江戸町火消し半纏、祭り半纏の印半纏が広く 普及するようになっていくのです。

半纏の名称
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2007-01-03 22:53 | ●花坊♪(妻1号)のお勉強
<< 半纏の歴史 ~ 2007年 ~ >>