<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0036796_1701886.jpg


More
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-28 16:50 | ●鉄火シャツ:全国愛着者

何のニオイ!?(>_<)

e0036796_16474237.jpg
雨が続いた作業部屋は。。。
藍染の匂いに糊の匂いが混じって(>_<)


ばぁちゃん家の
漬物小屋のニオイ
になっちまってるぅぅ~(~_~;)



決してイイニオイではないが。。。
わたしにとっては懐かしい気がするから
ヨシとしよう!!!


あぁ~!もっと広い作業スペースが欲しいなぁ~(/_;)/~~

[PR]
by KOUBOU-YOSHIZUMI | 2008-07-28 16:47 | ●舞台裏!

夏の風物詩

e0036796_14192343.jpg
今年も【巴染工場】の中津川での
染物流し(糊落とし)の風景に出逢えました。


現在では、今日のようなイベントの時にだけ
こうして川での作業をするそうです。


巴さんの娘さん・社長婦人・会長婦人と
川を眺めながらとりとめのない話を肴に
川音に酔いしれて来ました。


この紺屋町近辺が、一番盛岡らしい
わたし好みの風景だなぁ~と、
しみじみ思います。


盛岡をもっと好きになりたいわたしです。。。。。。


More
[PR]
by KOUBOU-YOSHIZUMI | 2008-07-26 14:19 | ●お祭り取材!^.^v

~ 椛 家 ~ momiji-ya

暑中お見舞い申し上げます。


e0036796_21273615.jpg


以前より企んで参りましたネットショップを
OPENしてみました。


ご存知の通り、受注生産がメインですので
なかなか出品数は増やせませんが。。。
芳純本人も 
「気負わず楽しみながらやっていきたい!」 と、
申しております。


どうぞ時々お立ち寄り頂ければ嬉しいです。040.gif


~ 椛 家 ~ momiji-ya
http://momiji-ya.shop-pro.jp/





店長日記  ~ショップブログ~
http://blog.momiji-ya.shop-pro.jp/


                     何だかあっちにもこっちにもブログ三昧で.....^^;
                     いずれ集約したいデシ032.gif

[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-23 21:46 | ●ご挨拶

【刺子袢纏】 Yahoo!で ヒット!!!




   Yahoo!で 「刺子袢纏」を
検索して頂くと、上位を独占中!!!
  004.gif





       056.gif  056.gif  056.gif  056.gif  056.gif


      こつこつブログを描き続けてきた甲斐があります。
012.gif
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-18 22:45 | ●お知らせ

【イナセ】

① 【イナセ】を学ぼう!e0036796_21351928.jpg

◇江戸っ子はイナセでなくっちゃ!!
江戸後期の日本橋の魚河岸の若者たちが
結ったマゲは、それまでのマゲと比べて、
イナの背のように少し扁平だったため
「鯔背銀杏(イナセイチョウ)」と呼ばていました。

魚河岸の若者たちの気風が、いきで勇み肌で
きっぷが良くさっぱりしていたことから、
そのような気風を「イナセ」と呼ぶようになったそうです。
「イナセな兄い」などと使わるようです。
マゲのスタイルの呼び名が、ボラではなく
イナ時代の形に由来するというのは、
様々な食材の特徴を見極めて
利用していたからこそ生まれる文化だと感心します。
e0036796_21354591.jpg


More
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-18 21:44 | ●花坊♪(妻1号)のお勉強

相馬の古内裏 

【相馬の古内裏】

平将門の遺子瀧夜叉姫(たきやしゃひめ)は謀反を企て、
相馬の古御所にこもる。
これをくじくために正義の士・大宅太郎がやってきて戦いとなる。
瀧夜叉姫は普通ガマの妖術だが、なぜかここでは大ガイコツを
出現させている。

e0036796_7384323.jpg

山東京伝作、初代歌川豊国画の読本
「善知安方忠義伝(うとうやすかたちゅうぎでん)」(1806)に材をとった作品。
リアルな髑髏(どくろ)の描写は、西洋解剖学書を参考にしている。
                              ~mns エンタカルタ 百科事典ヨリ~   




舞台は、北斎の怪奇趣味の中から創出した
『百物語・こはた小平二』を参考に、かつて将門が築いた
下総相馬の政庁の廃屋において、将兵を集めて父の仇を
討とうと画策する瀧夜叉姫の野望を、源頼信の忠義の
家臣大宅太郎光国が、うち砕こうとする場面である。

内裏の玉殿に朽ちて醜くぶら下がる御簾(みす)を分け、
天井から舞台をのぞき込むかのように巨大な骸骨が現れる。
その正確な人体骨格の描写には、陰影を用いて気味の悪さを潜ませ、
あたかも将門の悲憤の霊を象徴するかのように、見る者に強烈な印象を与える。

                         ~坂東市HPヨリ~



浮世絵版画専門店の方も
下記のように言っている!


今も、この絵の魅力は色あせない。
何故か?
それは、この作品が単なる趣向で
出来上っているのではなく、
国芳の真剣な造型意欲が
籠められているからだろう。



その当時の絵師が
西洋解剖学書を参考に描いていたなんて!
005.gif 驚きです!!!


More
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-15 07:34 | ●花坊♪(妻1号)のお勉強

天傷星 行者 武松

水滸伝より

天傷星 行者 武松

e0036796_9203416.jpg


これも芳純の作品です。

現在、岩手県二戸市でご活躍の
hidematsuriさんは、
芳純と同じ沼宮内【の組】の出身で。。。
刺子袢纏を愛する仲間です。
彼のBBSの中でこの「芳純ブログ」と
わたしが紹介し切れていない作品たちを
たくさん紹介してくださっております。


hidematsuriさんは
芳純の作品を数多く所有してくださっており
ご自分のお知り合いの絵師さんにも作品を依頼し
コレクションを増やしているようです。
今では、ご自分の所有作品の展示会等も
二戸市で企画するくらいの力の入れようです。 001.gif
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-06 09:29 | ●袢纏:全国愛着者

骨董品の刺子袢纏

刺子袢纏を愛する全国各地の方々から
時々嬉しいお便りを頂戴いたします。


そこで、芳純が刺子袢纏に絵付けするように
なったキッカケでもあります 「骨董品」 を
実際にお持ちの方々のご自慢の品をご紹介できる
カテゴリーを作ってみたくなりました。


ただ。。。。。
002.gifご本人のご理解とご協力を賜り、
許可を頂いてからでないと掲載できかねますゆえ。。。


わたし自身、「骨董品」の魅力を学びながら
ゆっくりとまったりと進めていけたらいいなぁ~と
思っております。   
            040.gif



是非!
あなたの思いが込もった刺子袢纏を魅せて(見せて)頂きたいです!!!!!



工房芳純へメールする!

 

More
[PR]
by koubou-yoshizumi | 2008-07-06 08:51 | ●憧れの骨董品!